母国語が英語の先生に習うメリットデメリット

外国人の先生に習うメリット

外国人の先生が教えてくれる英会話の良さといえば、日本人の先生がメリットとする正しい英語を使った会話を学ぶのではなく、日常会話として使われる独特な言い回しなどをもとにした、実践的な英会話を学ぶことができます。
教えてくれる時も生まれた時からずっと使っている英語を話してくれるので、英語独特の発音をリアルタイムで聞けるということもメリットとして言えるでしょう。
日常会話で使えそうもない会話を習うよりも、実践的で日常で多く使われる英会話を習うほうが、実際に外国人と話す時に発揮できるので良いかもしれません。
英文法を理解した上で発音や実践的な会話をもっと学びたいという方にとっては、外国人の先生のもとで学ぶことは良いかもしれません。

外国人の先生に習うデメリット

当たり前のことを言いますが、英語を母国語として喋る外国人にとって英語を外国語として学んだことはもちろんありません。
要するに英語はあくまでも母国語なので、英語を全く知らない方に一から英語を教えるということは、とても難しいことです。
全く知らない人が取得するためには日本語を比較対象として教える方が簡単です。
最初は英語の基礎を学んだ方が一番良いので、いくら英語が上手な外国人を先生としても、英語の基礎を学ぶためには日本語力はかなり必要と言われています。
母国語を外国語を使って教えるということはなかなか難しいことなのです。
このことからある程度英語力を身につけた人は英語を母国語として話す先生のもとで学ぶことが良いと言ってよいでしょう。


この記事をシェアする